最近よく聞くNISAとは


ミニ株とは、株を売買単元の10分の1から売買できる株式取引のことです。
通常では、証券会社で売買ができる株式は、ある程度まとまった単位でしか取引ができないようになっており、その最低単位を1単元と言います。
この最低単位は企業がそれぞれ定めています。

例えば、1単元を100株に定めている企業の株は、100株単位でしか売買することができません。
しかし、ミニ株に対応している証券会社を利用すれば、1単元未満でも売買することができるのです。
これは証券会社が独自に行っているサービスのようなものですので、全ての証券会社でこのシステムが使えるわけではありません。

ミニ株ができる証券会社と、そうでない証券会社があります。
また、ミニ株ができる証券会社の中でも、それぞれ取り扱っている銘柄が異なるため、口座を開設する際には自分の目的にあった証券会社を選択することが重要です。
多くの証券会社で取り扱っているような有名な銘柄しか買わないということであれば問題ありませんが、マイナーな銘柄も買いたい、となるとそれに対応している証券会社を選ばなくてはいけません。

また、もう一つの重要な判断基準としては手数料があります。
手数料には、口座維持手数料などの年間固定費用と、取引手数料などの取引毎にかかる費用があります。
前者は多くの取引会社で無料となっていますが、後者はよく調べて比較する必要があります。

自分がいくらくらいの株を売買することが多いかということを目安に選択するのが良いと思います。


ページTOPへ